メンズビック[男のこだわり]|名古屋市の結婚式場|ゲストハウスウエディング|ビアンカーラ|BIANCARA
メンズ ブック[男のこだわり]

男の、ビアンカーラ~男心をくすぐるこだわりの数々をご紹介します。

ウエディングというセレモニーの主役は女性。それは間違いのない事実。では、男性はワバイプレイヤーにすぎないのか、と問えば、もちろん答えは「NO」。「もうひとりの主役」である男性の目線でビアンカーラを見つめ直した時、そこには思わず膝を打つ「プロならではこだわり」であふれています。ここでは、そんな男心に響くこだわりを、いくつかご紹介します。

実施設計への矜恃:扉1枚に凝縮されたこだわり。

会場の入場口は、新郎新婦の登場をドアマンが無粋に妨げることのないよう、外開きが基本。正面階段上部のガラスドアは、もちろん内・外、どちらにも開き、「The Terrace」の2枚の扉は1センチのズレも許さない連動スライド式と、シーンに合わせて当たり前のようにセレクトされている。


ヘアメイクへの矜恃:その日1日だけは、「美しさ」を意識してみる。

ヘアセットやメイクアップはもちろん、男性向けヘアメイクリハーサルまで選択可能。その日1日だけは愛する女性のために「男の美しさ」を追求してみてはいかがだろうか。もちろん、メンズコスチュームも有名ブランドの最新アイテムをラインナップしていることは、言うまでもない。



ドリンクへの矜恃:気分に合わせて嗜む酒を変える。

例えばビール。ベーシックコースでも、発泡酒はサーブしない。ウイスキーに至ってはフォアローゼスやヘネシーをスタンバイ。乾杯のシャンパンをモエ・エ・シャンドン・ドンペリニョンやインペリアル・ブリュットから選び、希少なイタリアンワイン「ビアンカーラ」をただならぬ縁を感じながら味わうのも一興。会場内のサーバーから注がれるビールをジョッキで味わうのも、ビール好きにはたまらない。


料理への矜恃:料理から見えてくる「本気度」。

地元を中心に、世界各国から取り寄せた厳選素材を使って仕上げられる料理に、ただ漫然と舌鼓を打っていてはいけない。調味料の基本・塩は、ミネラル豊富でまろやかな「海塩」だと知っていれば、味わいはさらに深くなる。決して自慢する訳ではないが、そんなこだわりが「本気度」の証だと信じている。



会場設営への矜恃:「テーブル・セッティング」にこだわる。センチ単位のおもてなし。

パーティーを楽しんでいただくためには、会場を程よい広さに感じていただくことが肝要。他のゲストと心地よく触れ合える「距離感」が大切なのだ。テーブルの感覚が3センチずつずれただけで印象が変わるデリケートな世界。そんなセッティングを淡々と、しかも確実に遂行していくスタッフに、プロの姿を見る。


音響への矜恃:ドラマチックなパーティー演出を支えるサウンド。

パーティールームの音響コントロールデスクに備えられた最新の音響機器。BOSEのスピーカー、マランツのデッキなど、通も納得するセッティングは、あくまで音質と信頼性を追求したゆえのセレクト。ふたりで選んだBGMはあらかじめ音飛びチェックを受け、オペレーティング用のCDにシーン順に焼かれ、スタンバイされる。



INFORMATION
メールはこちら
ブライダルフェア開催中

FEATURE
  • Seasonal Specia Plans
  • Commitment
  • COMING SOON
  • Wedding Story

特典付きの特別プランでワンランク上の結婚式を。

ビアンカーラヒルサイドテラスのこだわり。

ウエディングを体験されたカップルの体験談。

ご結婚を決められてから挙式に至る流れをご紹介。


  • Staff Blog
  • Frequently Q&A
  • Message to Parents

ウエディングを支えるプロフェッショナルたちの毎日の出来事や想い。

なるほど、納得。よくある質問集。

ご両親様に向けてのメッセージ。